買い方は二通り!

焙煎士が立ち上げた
生豆 × 焙煎に参加

生豆を購入して
焙煎士に焙煎を依頼

詳しい使い方

生豆を選んで焙煎士に依頼

リクエストが作成されます。または、既に作成されているリクエストに参加する事ができます。

注目度の高いリクエストは、早期に焙煎を開始する事もあります。お見逃しなく!

リクエストが焙煎量に達すると、焙煎スタート! CROWD ROASTER事務局を経由して焙煎豆が届きます。

リクエスト例

「プロセス名:ゴールドウォッシュドって何や?」コロンビア・サントゥアリオ農園に対する最初の疑問でした。コーヒーチェリーは収穫後、コーヒー生豆という原料になるまで精製処理という工程があります。 ナチュラス精製、ウォッシュド精製、ハニー精製、アナエロビック、エアロビック、アクロバティック(笑)・・・。 もとい!専門用語は大嫌い!

皆さんがわかりやすいように今回の「ゴールドウォッシュド」をレシピでご紹介します♪
①摘み取ったコーヒーチェリーを1時間水に浸し洗浄
②チェリーだけを密閉したタンクで96時間嫌気性発酵
③果肉除去(果肉と種子の間のヌメヌメのミューシレージは25%残します)
④モストと呼ばれる果皮と果肉、ヌメヌメを濾したジュースに漬け、72時間嫌気性発酵
⑤水洗、乾燥

長い。ややこしい。。専門用語。。。専門用語。。。
生産者のカミーロ・メリサルデ氏、「前衛的過ぎるよ。。おいてかないで。。」
でも大丈夫!
結局何が言いたいかというと「こ・だ・わ・っ・て・る」
6文字です!

単純に美味しいです。
「そんな過程があるからこんなに美味しいのか。」と、バックグラウンドを知ることで、感じる味わいも倍々ゲームです。プロフェッショナルな仕事ぶりに、焙煎も背筋がピンッ!と伸びて、お陰様で猫背が治りました!

コーヒーは粉に挽いた瞬間から超絶スパイシー。ハッサクのような柑橘類の甘酸っぱさに、山椒を感じさせる刺激が心地良い。オリエンタルなアロマは、どこか東洋諸国にタイムトリップしたような気分にさせてくれます。清涼感あるミントのフレーバーに、時折見え隠れする、ザクロのニュアンスがチャーミングで心地よく、嬉しい気持ちにさせてくれます。


更にサントゥアリオ農園では、地域社会への貢献も積極的に行っており、薬草や果樹を植え、養蜂やエコツーリズムを行い、環境にやさしい持続可能な農園作りに取り組んできました。自然との調和の中で育ったコーヒーの実はゆっくりと熟し、将来にわたって最高品質のコーヒーがもたらされることでしょう。村の人々が将来にわたって持続安定した生活が送れるように地域社会への貢献にも力を入れています。
「全ては偉大なコロンビアを蘇らせるために。」


私のプランでは、圧倒的な焙煎のクオリティ、さらにはそのレベルを常に維持できる安定感を体感して頂けます。
20日
1kg
2kg
4人
ライト ロースト (浅煎り)
スパイシー スパイシー
ミント ミント
ザクロ ザクロ
¥3,645
250g(税・送料込)
この銘柄はずば抜けた驚くようなフレーバーを持った銘柄ではありません。しかし甘さの質が非常に高く、カップの香りのインパクトに反し味覚的充足感を大いにお楽しみ頂けます。

前述したとおり、ずば抜けて甘い香りや、複雑なフレーバーのする銘柄ではありません。 しかしその甘さと酸の質は高く、つややかなものを持っています。 カップや豆、グラインドした時のフレグランス以上に、味覚的充足感をお楽しみいただけます。 また、大きく主張する酸が丸く落ち着いている為、普段酸のバランスに疲れてしまう方にはもってこいの銘柄です。

浅くしつつも焙煎中のメイラードフェーズをしっかりと確保し、まろやかでふくよかな甘さにフォーカスしました。

キャラメリゼしたリンゴ、パイ、コーヒーカスタードの様な味わいをお楽しみ頂けます。 落ち着いて飲め、ブラックでもミルクでもバランスのいい銘柄です。

特にミルクとの相性は綺麗で、ミルクと合わせるときは、少しDoseを上げ濃度を高めた方が香りを楽しめます。 もしくはミルク量を減らし、20ccエスプレッソに110ccミルク。 エアロプレスでのミルクレシピだと、ペーパー二枚スタンダード、16g:60cc 撹拌して1:30まで浸漬してプレス。 出来上がりにミルクを100cc合わせて頂くと、アップルパイの様なカップをお楽しみいただけます。
27日
0.25kg
4kg
1人
シナモン ロースト (浅煎り)
アップル(紅玉) アップル(紅玉)
チョコレート チョコレート
カシス カシス
¥4,050
250g(税・送料込)

APP ダウンロード