STORY

世界的に人気の「ゲイシャ種」とは?

CROWD ROASTERで特別な企画「エスメラルダ スペシャル ゲイシャ ナチュラル × 仲村良行」のコーヒーが登場しました。

商品詳細ページはこちらから
 
 
CROWD ROASTERチームは、以前の記事でも触れたように、最上級のパナマゲイシャを探し求め、スペシャルティコーヒー専門の商社であるBRISA & TIERRAを介してエスメラルダ農園へコンタクトし、特別なセクションで栽培されているゲイシャである「エスメラルダ スペシャル」をナノロットで仕入れることができました。

今回の記事では、今や世界的人気を誇る「ゲイシャ種」について、そしてついに販売開始されたこの「エスメラルダ スペシャル ゲイシャ」の情報をお届けいたします。

世界的人気のゲイシャ種

今や世界的人気の「ゲイシャ種」ですが、ゲイシャ種が脚光を浴びるキッカケとなったのが、2004年に開催されたコーヒーの国際品評会です。

エスメラルダ農園がゲイシャ種を出品したところ、これまでにない高値で落札されて優勝。
「ゲイシャショック」と呼ばれるこの出来事から、ゲイシャ種は1日にして世界一有名なコーヒー豆となったのです。

エスメラルダ農園のゲイシャ種はその後も毎年優勝を重ね、2008年には品評会にゲイシャ部門が設けられるほどの人気ぶりとなりました。

2010年には1ポンド当たり170ドルもの高値をつけたエスメラルダ農園のゲイシャ種を筆頭に、「ゲイシャショック」は今もコーヒー業界を席巻しています。
 
 
その後、ゲイシャ種を育てる農園が急増。今や世界中で栽培される人気品種となりました。

気難しい栽培品種「ゲイシャ種」

エチオピア原産のゲイシャ種は栽培に関して、非常にデリケートなことで知られています。

サビ病などの病害に弱く(1970年代には壊滅的な被害にあった)、適度に高い標高、低めの気温、適切な日照時間、多すぎない適度な雨量、肥沃で水捌けのよいph値が5〜6程度の土壌といった条件が合致していないと、ゲイシャ特有のフローラルやジャスミンといったフレーバーが出てこないとされています。
つまり、そもそもが大変気難しい品種であるゲイシャ種は、限られた最適な栽培環境でなければ、本当に美味しい味わいのコーヒー豆としては育たないといえるのです。
 
 
近年のゲイシャブームにより、適した栽培環境を考えずにゲイシャ種を栽培する農家が増えてきているのが事実です。
ゲイシャと名がつけばそれだけで一定以上の高値がつくため、各国の農園はこぞってゲイシャ種の栽培を行っていますが、決して容易に、あのフローラルでエレガント、そして十分な糖度が担保された高品質なゲイシャ種を栽培できるわけではありません。

美味しいゲイシャの見分けかた

ほんとうに美味しいゲイシャ種を見分けるには、ゲイシャ種の形を確認するのがおすすめです。
もちろん産地に買い付けに行って実際に農園に植わっているゲイシャ種の樹形をみてみれば、一目瞭然でそれが、どの程度ゲイシャ種らしいコーヒーの樹であるかは判別できます。
しかし、消費国では当然のことながら樹形を知る術はありません。
そんな時に頼りになるのが豆の形状です。

ゲイシャ種の豆はとても特徴的な形をしています。
それは細長く、縦長な形状であることです。
世の中には、ゲイシャ種を謳いながらも丸みを帯びた豆面のゲイシャ種も多く出回っています。
しかし、そのようなゲイシャからは、特有のフローラルなフレーバーを感じ取ることができません。

今回のエスメラルダ スペシャルは、下の画像からも分かる通り、ゲイシャ種特有の細長い形をしています。
この縦長の形が本物のゲイシャである証です。
 
 

本物の「ゲイシャ種」を味わえる

 
クラウドロースターでは、そんな本物のゲイシャ種を第1弾から第4弾まで4回に分けて、異なるプロセスと異なる焙煎士さんによる特別限定商品の販売を行います。
まず初回は、ナチュラルプロセスで精選された特別区画の甘味溢れる「エスメラルダ スペシャル ゲイシャ ナチュラル モンターニャ 2SN」を焙煎日本チャンピオンの仲村良行さんに焙煎していただきました。
こちらはもともとがマイクロロットであるため、超少数量のみの特別限定商品として販売中です!
 
世界最高クラスのゲイシャ×日本チャンピオンの焙煎。
他にはない、この機会だけの特別なコーヒーです。
圧倒的な甘味とやわらかさ。クリアでありながらも蕩けるような舌触りはまさに桃源郷の心持ち。
クラウドロースターでしか味わえないこの贅沢をどうぞご堪能ください。
 
アプリで商品を確認する
 
 
CROWD ROASTER