STORY

パナマのコーヒーが個性的な理由

 
スペシャルティコーヒーの代表的な生産国といえば、エチオピア、ケニア、コロンビア、グアテマラなどが挙げられますが、パナマはゲイシャ種の登場によって、一躍、スペシャルティコーヒーの生産国として存在感を高めました。
 
ゲイシャで注目を浴びたパナマですが、そもそもスペシャルティコーヒーを定義する「マイクロクライメイト(微気候)」が地理的条件により発生し、産地の個性が発揮されやすく、高いポテンシャルを持った生産地でした。
 
今回はパナマの主な生産地とその特徴について解説します。

コーヒー栽培に適したバル火山周辺

パナマ共和国は、南北アメリカを繋ぐ中央アメリカに位置する国。西はコスタリカ、東はコロンビアに接しています。パナマの面積は約7万5千キロ平方メートル。パナマといえば、パナマ運河が有名ですが、そのほかにも船舶、鉱業、観光業なども主要産業となっており、農産物ではコーヒーが主要な位置をしめています。
 
北米大陸と南米大陸を繋ぐ地峡国で、国土が細長く横に広がっています。この地形的特徴によって、カリブ海と太平洋の両方の影響を受け、独特のマイクロクライメイト(微気候)が発生します。気候は高温多湿の亜熱帯、雨季は5月から12月、乾季は1月から4月で、気候は地域ごとに異なります。
 
国土の8割は山岳地帯で、残りの多くは熱帯雨林が広がっています。パナマ西部のチリキ県にあるバル火山が最高峰です。
気候は熱帯性で、このバル火山周辺は、火山性の肥沃な土壌を持ち、寒暖差がしっかりあることから、コーヒー栽培に適した環境となっています。
 
バル火山は、16世紀に噴火した成層火山です。 噴火によって周辺の土壌にテフラが散らばったことにより、火山周辺は栄養分が豊富な肥沃な土壌で、コーヒー栽培に理想的な環境となっています。パナマの高品質なアラビカ種は主に、バル火山周辺のチリキ県ボケテ地区、レナシミエント地区、ティエラ・アルタス地区などで生産されています。
 
パナマで栽培されているコーヒーの約70%から80%がアラビカ種で、残りの約20%から30%はロブスタ種です。チリキ県で栽培されるアラビカ種は主に輸出されますが、パナマの低地で栽培されるロブスタ種は主に地元で消費されます。ロブスタ種は主に、コクレ県、パナマ・オエステ県、コロン県などなどの低地で生産されています。

パナマを代表するボケテ地区

 
パナマでコーヒーの栽培が始まったのは中央アメリカの中では遅く、1870年〜1890年頃、パナマの西側にあるチリキ県のボケテ地区で始まりました。
 
このボケテ地区は、バル火山の東斜面に位置しています。バホ・ボケテ、アルト・ボケテ、カルデラ、ハラミージョ、パルミラといった地域にさらに細かく分かれています。南側は谷になっており、西にバル火山、北側にはタマランカ山脈が走っています。

ボケテは、標高1,200m〜2,100mの高地で、5月から12月は主に太平洋側からの降雨、12月から3月は主に大西洋側からの降雨があります。気温は10℃から26℃、より乾燥した場所から、多くの降雨がある非常に湿ったマイクロクライメイトを持つ場所まであります。

大西洋側からの霧状の雨は「バハレケ」として知られており、北部の土地では年間を通してこの雨に包まれます。
太平洋側からの降雨は、パルミラ、ハラミージョなどの南部の土地に影響を与え、中部では両方の降雨の影響を受けます。
 
このように土壌に恵まれ、しかも狭い地域で気候が変化し、その土地の個性、つまりテロワールを感じさせるコーヒーを生産するボケテは、パナマのスペシャルティコーヒー第一の産地です。
 
この地区の代表的な農園は、すでに上記の地域名からお気づきの方もいると思いますが、ゲイシャの名を世界に広める役割を果たしたエスメラルダ農園です。エスメラルダ農園は、地域に点在する区画ごとにロットを分けて生産しており、同じゲイシャ種でも、農地の存在する場所ごとに、そのテロワールを表現する違ったフレーバーを感じられるとしています。
 
また、パナマスペシャルティコーヒー協会の会長を務めた、リカルド・コイナー氏のコトワ農園もこのボケテ地区にあります。
コトワ農園はパナマのスペシャルティコーヒーをまさに代表する農園として、世界的な評価を得ている農園。地域の環境を守り、水力発電で電気を賄うなど、環境への取り組みも先進的です。

注目されるレナシミエント地区

 
レナシミエント地区は、チリキ県西部に位置しています。コスタリカとの国境にあるラ・アミスタッド国立公園に隣接している地域です。
標高は600m〜2,500m、湿度の高い熱帯から高地の温帯まで、さまざまな標高と地形が生むマイクロクライメイトにより、多様なコーヒーが生産されます。そのために、注目される産地となっています。
 
この地域では、レナシミエント生産者協会が輸出の促進、コーヒー生産と価格の改善、環境保全、小規模生産者の生活の質の向上を図っており、地域のコーヒーの価値の向上に取り組んでいます。

レナシミエント地区の中でももっとも標高の高いサンタ・クララにあるのが、ハートマン農園。人里離れた山岳地帯だった場所を開拓し、現在では豊かな自然を生かしたエコーツアーも行われるコーヒー農園です。
 
レナシミエント地区では、ゲイシャを含む多様な品種が栽培されていますが、近年国際品評会「ベスト・オブ・パナマ」のゲイシャ部門でも入賞が続くハートマン家の農園。このハートマン農園を筆頭に、ゲイシャとその次を見据えた生産者の取り組みが行われています。

ゲイシャだけではないパナマの魅力

 
エスメラルダ農園で、再発見された後のゲイシャの快進撃は、今に至るまで続いています。ゲイシャフレーバーとも称される、ユニークで高貴なフレーバーはコーヒー業界に衝撃を与え、瞬く間に世界中で高く評価されることとなりました。
 
しかし、パナマコーヒーの魅力はゲイシャだけではありません。地域の特性としてさまざまな気候が存在し、テロワールを感じることのできる品質の高いコーヒーを生産しているパナマ。ぜひその魅力を味わってみてください。

現在、CROWD ROASTERでは、パナマのスペシャルティコーヒーを代表する農園の、非常に品質の高いコーヒーをラインナップしています。

パナマ ゲイシャを世界に広めたエスメラルダ農園の最上級ランク「エスメラルダ スペシャル」を、日本を代表する焙煎士たちが仕上げたここでのみ味わうことができるスペシャルな商品をはじめ、国際品評会「ベスト オブ パナマ」で何度も1位を獲得したハートマンファミリーの農園、そしてパナマのスペシャルティコーヒーの草分けであるコトワ農園という、3つの農園のコーヒーを取り扱っています。